おかゆ MacBook

AppleやAndroidなどのデジタルデバイスを通じての価値創造と豊かなライフスタイルの実践に取り組む

SIMフリーiPhone 6/6 Plusをアップルストア以外でゲットする方法

20141227iphone6.jpg

iPhone 6およびiPhone 6 Plusは今年2014年9月19日より販売されております。例年と異なり、今年はSIMフリー版の iPhone 6/6 Plus が販売初日から日本国内のアップルストアで購入できました。

SIMフリー版の iPhone 6/6 Plusの魅力は、国内携帯電話キャリアのSIMを刺せるところです。NTTドコモ、au、ソフトバンクの国内3大キャリアのSIMを自由に利用することができます。

またNTTドコモの回線を利用したMVNO (IIMmioやOCNモバイルONE等)のSIMも利用できます。今流行りの格安MVNOのSIMを使えば、携帯電話の月額料金を劇的に下げることができます。

またSIMフリー版の iPhone 6/6 Plusは、海外に持って行った際、現地の携帯電話会社の適合する周波数のSIMを利用できます。日本の携帯電話キャリアの高額なローミングサービスを使わなくても済みます。

これは私たち日本のユーザが海外に旅行に行った際に使用するさいに役立つというだけではなく、海外のユーザが日本のSIMフリー版の iPhone 6/6 Plusをわざわざ買い求めるという理由にもなっています。

上記の理由で、SIMフリー版の iPhone 6/6 Plusは国内外とわず大変な人気を呼んでいます。

ところが2014年12月9日、アップルストアはSIMフリー版の iPhone 6/6 Plusの販売を突如停止しました。いったいこれはどういうことでしょうか。アップルは公式な理由を説明していません。

SIMフリー版の iPhone 6/6 Plusの価格は75,800円から111,800円です。高価な機械ですから、

「この冬のボーナスで購入しよう、臨時収入で購入しよう」

と考えていた方も多いかと思います。しかし、当のアップルストアでは購入することができません。なんたることでしょうか!

そこで、SIMフリー版の iPhone 6/6 Plusをどうしても欲しい方にアップルストア以外でゲットする方法をまとめました。


1. SIMフリーiPhone 6/6 Plusを「イオシス」でゲットする。


秋葉原にあるアウトレットショップ「イオシス」があります。こちらではSIMフリーiPhone 6/6 Plusが販売されています。販売されているiPhone 6/6 Plusは未使用のもの・中古のものがあります。

20141227iosys.jpg

また、現在入手できない「日本国内版SIMフリーiPhone 5c」もイオシスでは販売されています。価格はSIMフリーiPhone 5cは49,800円 (税込)です。SIMフリーiPhone 6/6 Plusにくらべてはるかに安価な価格設定なので、こちらもオススメです。

イオシスで未使用品 iPhone 5c 16GB A1456 グリーン[ME544J/A]【国内版 SIMフリー】を見てみる

2. SIMフリーiPhone 6/6 Plusを香港のオンラインショップ「エクスパンシス」でゲットする。


香港で販売されているiPhone 6/6 PlusはSIMフリーモデルです。これを香港のオンラインショップ「エクスパンシス」で購入する方法があります。

香港版iPhone のメリットはシャッター音が鳴らないこと。iPhoneで写真を撮る時、無音で撮ることができます。これは大きなメリットです。

一点注意していただきたいことがあります。それは、香港版iPhone 6/6 PlusはCDMA非対応であるということです。したがって日本においてはauのSIMを使うことができません。(ドコモ、SBMはOKです)

3. SIMフリーiPhone 6/6 Plusをヤフオク!でゲットする。


最後の方法は、SIMフリーiPhone 6/6 Plusをヤフオク!で落札するというものです。「売っていないものはない」と評されるヤフオク!では、SIMフリーiPhone 6/6 Plusもでています。

このさい気をつけなければならないのは、脱獄(ジェイルブレイク)してSIMロックフリー化したものを「SIMフリー」と称して販売されているものは、購入してはいけないということです。脱獄はリセットすることで簡単に入獄することができます。するとSIMロックされてしまいます。

またヤフオク!は出品者が本当に信用できるかどうかを見極める必要があります。少々面倒くさいです。

私のオススメ:イオシスでSIMフリー版の iPhone 6/6 Plus を購入する


私のオススメはイオシスです。イオシスは秋葉原や大阪・日本橋に実店舗があります。私も秋葉原店に足を運んで、国内版SIMフリーiPhone 6 Plus 128GBが大量に入荷されているのをチェックしました。実店舗を訪れて店員さんと話をしたり、外国のお客さんがSIMフリーiPhone 6 Plusを次々に購入しているさまをみて、イオシスには心理的な距離の近さを感じますね。


中古パソコンと白ロムとアウトレットのイオシスでSIMフリー iPhone 6/6 Plus を見てみる

iPhone 5・iPad mini・MacBook AirはAppleモバイル御三家

20130211ipadm.jpg

2013年も4月を迎え、春真っ只中となりました。いまAppleのラインナップを振り返ってみると、モバイル機器がいかに充実しているかということを思い知らされます。

 iPhone 5。超高解像度ディスプレイを搭載し、高速LTEを利用できるすごいヤツ。デザインはスマートフォンのなかでも群を抜く。

 iPad mini。7インチ時代の新生iPad。その軽さは圧倒的で、iPad のスタンダードともいえる。

 MacBook Air。その優れたデザインは、薄型モバイルパソコンの旗ふり役として、2010年のニューデザインより君臨し続けている。

モバイル機器ユーザにとって、iPhone 5・iPad mini・MacBook Airは、Appleモバイル御三家とも言えるでしょう。すなわち橋幸夫・舟木一夫・西郷輝彦ということです。この御三家は、私たち市井の生活者にとって強力な道具として日々役立ってくれます。

いまiPhone 5・iPad mini・MacBook Airと申し上げましたが、これは出荷台数の順番を私が勝手に予想して、多い順に述べました。ユーザ数はおそらくこの順のはずで間違いありません。

しかしなにかデータをつくるという観点に立つと、順番は逆転します。MacBook Air・iPad mini・iPhone 5の順番でデータを処理しやすいです。

例えばガレージバンドでがっつり曲を作りたいとおもったとき、iPhone の小さな画面ではちとキツいものがあります。一つのファイルを作るのに Mac で7時間かけるのと、iPhone で7時間かけるのでは全然意味が違ってきます。

ワープロでも表計算でもプレゼン資料でもいいのですが、なんだかんだいって作るならMac がいちばんいいです。次点は iPad。iPhone は本当に簡素な編集だけで、あとは閲覧がメインです。

もちろん iPhone ではウェブを見る、メールを見る、地図を見るということを非常に短時間のうちに実現できます。胸ポケットからさっと取り出せるメリットは、指摘を待つまでもありません。

iPad mini はセルラーがいい。これについては当ブログでも再三取り上げてきました。

***

さてiPhone 5・iPad mini・MacBook AirというAppleモバイル御三家の値段を調べてみたいと思います。

 iPhone 5   51,360円
 iPad mini  28,800円 (39,600円 ※セルラーモデル)
 MacBook Air 88,800円

それぞれ基本モデルをピックアップしましたが、合計で168,960円 (179,760円)です。

Appleの最新のモバイルテクノロジー製品3つを購入しても18万円を切る。自分の仕事や生活にどれだけ寄与してくれるのかということを考えると、安い買い物だと思います。ほんと、いい時代です。

ちなみにそれぞれの重さを合計してみると下記の通りです。

iPhone 5 112g
iPad mini 308g (312g)
MacBook Air 1.08kg
合計 1.5 kg

MacBook Pro retina 13インチ(1.62kg) 1台よりもこれらの合計は軽いです。

***

私たちの社会はグローバル化のなかにあってどんどん変わりつつあります。企業も自治体も政府もNPOも猛スピードで変わっていくことを要請されています。

そのようなめまぐるしい環境下で、企業人として生きていくのに、仕事のため、また生活のための勉強が、日々必要であることを痛感しています。iPhone 5・iPad mini・MacBook Airは欠くべからざる道具として私のために働いてくれます。

2013年、Appleがなにを発表するのかは、誰にもわかりません。しかし、ますますモバイルデバイスにAppleが力を入れるであろうことは疑う余地もありません。^^